カロリーコントロールの基礎知識

ダイエットには不可欠なカロリーコントロールとは、適正なカロリーを摂取することをいいます。

 

ダイエット効果は、食事習慣や栄養バランスにも配慮することで得られるのではないでしょうか。

 

カロリーコントロールでは、1日3食きちんと摂取しつつ、1日を1200キロカロリーに抑えます。かなり低い数字だといえるのが、1日1200キロカロリーです。運動量や体調に合わせて増減させることも大切です。

 

肉体労働者と事務労働者とでは、ダイエット中でも1日に必要なカロリーは当然ながら違います。

 

ダイエットを低カロリー食でする場合に注意することがあります。栄養のバランスに、カロリーコントロールで低カロリーを意識する余り偏りが出ないようにということです。

 

栄養は、たんぱく質を中心にしながら、バランス良くビタミンやミネラル、食物繊維を摂取するのがおすすめです。

 

カロリーダウンのダイエットを気軽に行うには、食事メニューはいつものとおりで、少し食材に変化をもたせるというのもひとつの方法です。

 

きのこやこんにゃく、海藻などの食材を多めに使うだけでもカロリーコントロールができます。カロリーコントロールに適しているのは、バラ肉は避けて赤身や内臓肉で、ヒラメやタイなどの白身魚がサンマやブリなどの青魚よりも良いでしょう。

 

炒めものではなく茹でものにするだけでも、カロリーコントロールにはぴったりの調理方法です。ほんの少し料理をするときに心がけることで、カロリーコントロールのダイエットを成功させることができるのではないでしょうか。

 

無料レポート

 

無料レポート

 

「お腹いっぱい食べて、いっぱい痩せる方法」

 

ダイエットと言うと、
食事の量を減らしたりしなくてはいけない

というイメージがありますが、
お腹いっぱい食べても大丈夫な方法もあります。

 

その方法をレポートにしました。
無料でダウンロードできます。

 

この無料レポートをダウンロードされた方には、
さらに、

モデル直伝のダイエット美容通信
をお送りします。

 

 

     

    ダイエット美容通信
    *
    *

 

カロリーコントロールの基礎知識関連エントリー