ダイエット効果と健康への影響

最近増加しているのが、外見を気にしてダイエットをするのではなく、健康効果を期待してする人たちです。

 

メタボリック症候群という言葉が知られるようになり、肥満対策の健康への効果が認識されるようになったことも関係しているのでしょう。

 

もし体脂肪が増加してもそのままにしていると、色々な症状が体におこります。

 

いくらダイエットは面倒だから、それほどスタイルは気にしていないからと気を緩めると、生活習慣病の危険性が体脂肪の増加によって上がってしまいます。

 

糖尿病や高血圧、高脂血症などの効果を受けやすくなるかもしれません。

 

 

関節への負担も、体重が増えると増大するでしょう。

 

 

特にヒザは全体重の60%の重さがかかる部分で、5倍ほどの負荷が歩いたり走ったりすることでかかってきます。

 

膝の関節痛や腰痛など、ダイエットをせずに肥満をそのままにしておくことによって現れる症状もあります。

 

ダイエットをせず脂肪の蓄積量が増すと、抗酸化物質カロチノイドが脂肪に留まりやすくなります。活性酸素に対する防御力が結果的に低下することになります。体内の抗酸化力が、ダイエットをしないでいると弱まってしまうのです。

 

 

脂肪が増えると気づかないうちに体へ悪い効果が現れ、気づけば手遅れになっている場合があります。後で取り返しのつかないようなことにならないよう、しっかりダイエットをして健康効果を得たいものです。

 

無料レポート

 

無料レポート

 

「お腹いっぱい食べて、いっぱい痩せる方法」

 

ダイエットと言うと、
食事の量を減らしたりしなくてはいけない

というイメージがありますが、
お腹いっぱい食べても大丈夫な方法もあります。

 

その方法をレポートにしました。
無料でダウンロードできます。

 

この無料レポートをダウンロードされた方には、
さらに、

モデル直伝のダイエット美容通信
をお送りします。

 

 

     

    ダイエット美容通信
    *
    *

 

ダイエット効果と健康への影響関連エントリー