体操で部分的に痩せるには

痩せる体操で部分的に痩せる方法があります。

 

食事によってダイエットする場合、

 

体全体が痩せては困るという女性が少なくありません。

 

 

 

 

痩せる体操のメリットは、

 

体重は減らしたいものの胸のサイズは保持して手首や

 

足首、腰回りの脂肪だけを集中的に減らすという試みができることです。

 

 

 

 

下半身が痩せる体操について説明します。

 

床に寝転んで、両足を三角座りの形にします。

 

息を吐きながら、30〜45度くらいの位置でじっとしています。

 

同じ姿勢で5秒数えるという動作を10回〜20回繰り返すことが体操になります。

 

ウエストが痩せる体操も色々なものがあります。

 

最初に、直立して両中指を胸の前に重ねる姿勢になります。

 

次いで、肺全体に酸素が行き渡るように深く息を吸います。

 

静かに吐きつつ上半身を右にねじり、5秒保ちます。

 

背筋は可能な限り伸ばしたまま、

 

手は胸の中央からズレないように気をつけながら、

 

体を平行に動かしましょう。

 

再び息を吸い、次いでからだを左にねじってそのまま5秒数えます。

 

足はしっかり地面を踏みしめて、軸がずれてしまわないように注意しましょう。

 

 

このウエストの痩せる体操を、朝と晩に10回ずつ行います。

 

有酸素運動と無酸素運動での痩せる体操というものもあります。

 

無酸素運動としては、まず両手を上に伸ばしてまっすぐに立ち、

 

その場でしゃがみます。腕を床につけて体重をかけ、

 

足は後方に伸ばし30秒保ちましょう。

 

 

足踏みをするようにその場でのジョギングをすることで

 

有酸素運動になります。

 

 

それぞれ運動の30秒ずつ行うことで有酸素運動と無酸素運動ができます。

 

最初は大変かもしれませんが、

 

習慣にして毎日痩せる体操を続けると脂肪燃焼効果が期待できます。

 

無料レポート

 

無料レポート

 

「お腹いっぱい食べて、いっぱい痩せる方法」

 

ダイエットと言うと、
食事の量を減らしたりしなくてはいけない

というイメージがありますが、
お腹いっぱい食べても大丈夫な方法もあります。

 

その方法をレポートにしました。
無料でダウンロードできます。

 

この無料レポートをダウンロードされた方には、
さらに、

モデル直伝のダイエット美容通信
をお送りします。

 

 

     

    ダイエット美容通信
    *
    *

 

体操で部分的に痩せる方法関連エントリー